2008年05月04日

薬物治療の注意点

花粉症の薬物治療の注意点

病気によっては禁忌となっている薬もあるので、持病のある人はたとえ気軽に買える市販薬であっても、その使用については医師・薬剤師に相談すべきである。他に薬剤を常用している人や、乳幼児、小児、妊婦、授乳婦も同様である。なんらかの副作用を感じたら、早めに医師・薬剤師に相談すべきである。

作用と副作用とのバランスを考え、効果が不充分なものであったり、眠気などの副作用があまりに日常生活に支障があるようであれば、違う薬および治療法に変更してもらうよう医師に相談することも大切である。あまりものわかりのよくない医師であると感じたら、病院を変更するのも一つの方法である。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 学生等は難しいかもしれませんが、やっぱり相談しやすいかかりつけの医者を作ることが大切のようですね。
 私も頑張って探します。
ラベル: 薬物
posted by ケーやん at 21:34| Comment(46) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

犬で花粉症、喘息予防!?

犬を飼うと子どもが花粉症やぜんそくにかかりにくくなる、ドイツ研究

 犬を飼うことで子供が花粉症にかかりにくくなるとか。これはいぬが持ってくる細菌に触れることで免疫系の成熟がなされるのだとか。

 やっぱり現代人は弱くなってしまったから花粉症が出てきたのでしょうか?

posted by ケーやん at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

風邪と花粉症

風邪のときって花粉症がひどくなりませんか?

風邪だと花粉症の症状がなくなるって話も聞いたことがありますが、私が風邪が鼻から来るからでしょうか?

だから風邪か花粉症かわからないんです…今回みたいに。

皆さんもお気を付け下さい。
ラベル:風邪
posted by ケーやん at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

昨日の花粉症

風邪でした…

熱が8度5分まで上がりました。

頑張って治します。
posted by ケーやん at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今の時期の花粉症?

今日鼻がぐしゅぐしゅでした。

目もかゆかったような…

花粉症?この時期なんだっけ?イネ科か?

それとも…


風邪?(睡眠時間が足りません)
ラベル:花粉症 時期
posted by ケーやん at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

海外旅行時の注意

海外旅行時の注意

日本国内であればマスクや薬の入手は容易であるが、他の国ではそうとは限らない。特に欧米では日常的にマスクをする習慣がないため、奇異な目で見られるということもある。街角でポケットティッシュを配るなどのことも行われてはいない。

その反面、国によっては日本では処方薬となっている第二世代抗ヒスタミン薬が一般の薬店で買えるなどのこともある。しかし、それが自分の体質に合っているとも限らない。特にヨーロッパでは、当地の伝統医療であるホメオパシーのレメディを勧められることもあるという。

これらのことにより、花粉症患者が事情がよくわからない海外へ訪れる場合は、シーズンを問わず、念のために自分に適した薬とマスク程度は持参したほうがよいといえる。一般に花粉症はきわめてまれと考えられている、いわゆる南洋の島などに観光旅行に行ったさいにも、原因不明の花粉症様の症状に苦しめられたとの情報もある(多量に栽培されているマンゴーやサトウキビなどによる可能性がある。これは国内でも、南方へ旅行した際に同様なことが起こる可能性がある)。

特に病院で抗アレルギー薬の処方を受けている患者が、シーズン中に短期(1週間前後)の旅行を行う場合は、その効果を減弱させないためにも、旅行中も薬の服用を欠かさないほうがよい。やや長めの旅行であれば一時中断してもよいが、帰国時が花粉症シーズンであるならば、その数日前から予防的に薬を服用しておくとよい。これは初期治療と同じ原理である。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

海外旅行に行くときは気をつけます…海外行きたい!!!
posted by ケーやん at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

ペットの花粉症

ペットの花粉症

近年ではペットの花粉症も問題となっている。イヌの花粉症は98年に、ネコの花粉症は00年に初めて報告されたとされるが、ヒトの場合と同様、それ以前から存在したと推測される。特にイヌにおいては、ヒトのような鼻症状より毛が抜けるなどの皮膚症状が多く見られ、見た目にも悲惨な状態となることが多いといわれる。

獣医師により検査や治療は可能だが、イヌにおいてはヒトと違って抗ヒスタミン薬が効きにくく、ステロイドに頼らざるを得ないことが多い。重症の場合は減感作治療が行われることがある。ネコにおいては検査も治療も困難であるといわれる。

近年はこうしたペット向けのサプリメント類も販売されるようになってきている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ペットも頑張ってるんですね。急に親近感が沸きました。
ラベル:ペット
posted by ケーやん at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

ステロイドの投与

ステロイドの投与

花粉症においては主に重症例に対する抗炎症作用を期待して用いられる。抗ヒスタミン薬の内服などでは充分な効果がない場合、副作用の心配があるので短期間または頓服として内服が行われる。症状を抑える効果が高いこともあり、漫然と処方を続ける医師も存在するが、副作用だけでなくステロイド離脱困難に陥ることがあるので注意が必要である。特に小児に長期投与を行うと成長障害など重大な副作用が起こり得るので厳重に注意する必要がある。

第一世代抗ヒスタミン薬ほどの即効性はなく、充分な効果が出るまで1日程度かかる。基本的に短期であれば問題となる副作用はないが、第一世代抗ヒスタミン薬との合剤では、その抗ヒスタミン薬の副作用である眠気を感じることが多い。

点鼻薬のステロイドの場合は、局所に作用したのち体内ですばやく分解されるものもあり、副作用の心配も少ないため、重症の鼻炎がある場合には積極的に用いられる(医師により、重症でない場合も積極的に用いる場合がある)。特に遅発相による鼻詰まりに効果的とされる。鼻血が出やすくなる副作用を感じる患者もいる。

目の症状がひどい場合もステロイドの点眼薬が出されることがあるが、副作用に注意して慎重に使う必要がある。眼圧などの検査ができる眼科専門医に処方してもらうことが望ましい。

* ステロイド剤(内服)−−ベタメタゾン・マレイン酸クロルフェニラミン配合剤、プレドニゾロン等
* ステロイド剤(点鼻)−−プロピオン酸ベクロメタゾン、プロピオン酸フルチカゾン等
* ステロイド剤(点眼)−−フルオロメトロン等
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鼻ばかりに気をとられていると目のかゆみにやられます。侮れません。
ラベル:治療
posted by ケーやん at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

ヨーロッパの花粉症

ヨーロッパのうち、大陸では各種の樹木による花粉症も少なくはないが、花粉症発祥(発見)の地であるイギリスではことにイネ科の花粉症が多く、人口の15〜20%以上が発症しているという。文献的にはスペインにも多い。一般に北欧と呼ばれるスカンジナビア地域ではシラカバなどのカバノキ科の花粉症が多いといわれ、10〜15%程度という数字がある。最近ではこうしたカバノキ科の花粉症をヨーロッパの花粉症の代表的なものとして述べることもある。地続きであるロシアでは極端に少ない。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

イネ科の花粉症はその植物に近づかなければ大丈夫という話を小耳にはさみました。都会っ子の私はやっぱり都会にいなければ?(茨城在住)
ラベル:イネ科 世界
posted by ケーやん at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

世界の花粉症

世界の花粉症

ヨーロッパではイネ科の植物、アメリカではブタクサが多い。日本のスギ花粉症を含めて、世界の3大花粉症ともいわれる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

世界的に花粉症は大変なんですね。そして私はどこに行ってもダメですね…
残るは南国かな?
ラベル:世界
posted by ケーやん at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。